20200426Mレポート 季語 蒲公英のワタ

9407756A-25A3-4126-9AC2-361BE442D540.jpeg
たんぽぽは春の季語らしい。NHKの俳句の番組の再放送でやってた。
「蒲公英の絮や眼下に太平洋」
と小林聡美が選んでいた。確か。去年は平和だった。
これは、三選。

11E18BE6-4E06-4465-B286-C44343C4FBC4.jpeg
「たんぽぽの絮よ宇宙の爆発よ」
これは、入選。
やっぱり、「眼下に太平洋」のほうがイメージが目に浮かぶ。経験しているからだろう。
これは、残念ながら服部緑地の池

75431E06-A8BF-40C4-A998-B3F2C876F3AD.jpeg

宇多喜代子先生が、選んだ
一席は、
53A3A8F4-46EB-41A8-B83C-F817CB3A4910.jpeg
「黄たんぽぽ月と地球は兄弟か」
たんぽぽには、黄色と白色がある。
これも誰かに踏まれたかも。

俳句は少ない言葉で伝わる。
日本語は、日本文化は、すばらしい。
でもイメージは、もっとすばらしい。
誰にでも伝わる。世界中の人に伝わる。
目は、大事だ。
目は、口ほどにモノを云う。

だからか、目を見て話しをしないと。
今から、その手段・道具に慣れておかないと。

昨日4月25日は、失語症の日
https://youtu.be/4hTI5gJKKT0
記念すべき第1回のイベントは、YouTubeでのオンライン配信。
https://peraichi.com/landing_pages/view/425

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント