20191222Mレポートゆずりは文化祭とコラボでOpenstreetmapのディスカッション

2019年12月22日

今日は雨になるか。
9時頃に家を出て、上山手のバス停へ。
まだ、時間があるということで、関西スーパーのトイレへ。
バスでJR吹田北口へ。そして、ゆずりはへ。
集金係を手伝う。
ぞくぞくと障害者の人がやってきた。10人はいる。20人くらい?ヘルパーさん入れたら20人以上いるのでは?いろいろな人がいる。みんな笑顔だ。
まず、みかんを半分に切る。
みんなで1人分のお皿のプレートを盛り付けていく。約20皿。レタス、みかんを半分に切ったの、茹でタマゴを半分にしたのを2個、サラダ、トマトの切ったの、更に、骨付きのタンドリーチキン2本とソーセージ2本。もう、さすがにライスはのらないので、ゆかりで おにぎり にして、ラップをつつんで横に置く。
あいちゃんママとHさん登場、
Tさんん進行でスタート。みんなで、「いただきます!」
みんなでおしゃべりしながら山盛りのプレートから1品づついただく。最後にラップに包んだおにぎりをいただく。
ケアマネをしてもらったKさんが来てくれた。うれしい。ご挨拶。
2階に移り、文化祭。トップバッターでiPhoneを使ったスライドで自己紹介。
カラオケ、リコーダー、くまモン、般若心経、フレート、あいちゃんの腹話術、 料理を手伝ってくれた人の朗読。
Kさんに見ていただき。お別れ。後からメールの返事に「紳士」と言っていただいた。
終わって1階でケーキとコーヒー。食べずにMさんとあいちゃんママとHさんに見送ってくれ手、次へ。

JRで新大阪へ、御堂筋線で千里中央へ。
エレベーターを乗り継いで2階コラボへ。
コラボの会議室に遅れて入る。
OpenStreetMapのSさんにゲストトークしてもらい、最後にディスカッション。
OpenStreetMapはその名の通り、オープンな地図のプラットフォーム。
みんなで地図を作っていて、データを使ってもいい。著作権を意識しなくて商品に活用してもいい。ほんとうにオープンな環境のようだ。アイデアはいるが。
また作ってからの変更履歴は残るが、過去のデータは入れることはできない。
世の中の使いやすい しくみ。ウキペディアの地図版。いつのまにかなくてはいけない存在。
あくまで、個人の固有の表現は個人の作ったページにおき表現する。
誰かのお土産か、きんつばが、回ってきたので1ついただいて食べる。おいしい。
Sさんはエバンジェリストとして仲間と歩いたり地図つくりを教えている。
Sさんの個人的な考えは、その土地の歴史をOpenStreetMapで残していくということらしい。例えば、その土地に代々伝わるほこらやお地蔵さんや話しは、記録しないと残らない。それををOpenStreetMapで残していく。
とりまとめの人がディスカッションの時にふってくれて感想らしき事を言った。「みんなで作って、利用する。最後は自分に返ってくる。」

みんなでのディスカッションが終わり、二次会の飲み会はやめて帰る。やっぱり雨が降ってきた。モノレールで山田へ。今度の旅行のリハーサルも兼ねてタクシーに。荷物を整理して、ウィルをバラす。タクシーのトランクには運転手さんが運んでくれた。タクシーに乗り込み道案内。タクシーはつかれる。性に合わない。家で組み立ててみる。操作する丸い黒い取手がない。どこかで落としたみたい。あーあ、慣れないことはするものではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント