20190806Mレポート かかりつけ医

2019年08月05日
今日は就労移行支援施設の梅田ハンズのPGを全てこなして16時頃に帰宅。
まだ体験の身。受給者証がこないと正式ではないらしい。大阪市にはもっとひどいとこもあるみたいだ。
眠くて、疲れて、へろへろ。帰宅したらMさんが、ホースで水をまいていた。暑い!
1時間ぐらい、ベッドで昼寝してアラームでとび起きる。あわてて、お医者さんに行く用意。
かかりつけ医のとこへ電動車椅子で行き、受付を済ますというか受付の人がしてくれた。血圧のデータを整理する間もなく、看護婦さんが血圧を測ってくれて、続いて先生の部屋に入って診察。
まず、現状の報告。梅田の就労移行支援センターへ通い始めたこと。ギブスがとれ骨ができてきたが、まだ痛いことなどなど。
薬の話になり、早速“竜胆”の話しをしてみる、先生は、簡単で見やすい一覧表を見ながら医療の法律では難しいことを言った。西洋医学の病名をきめ、治す薬を提示しないといけない。東洋医学の漢方薬が予防にいいことはわかるが。アマゾンで買うと言ってみたら、そうしたらと。
話をS市の受給者証がなかなかもらえないと言うことに切り替えた。縦割りだからしょうがない。と言っていた。小学校前の子供のことをボランティアでされている。障害は後回しになるようだ。そういえば先生もS市には苦労していた。
今回は薬を出してもらうことはなしで、会社からの見舞金の意見書のみお願いする。
受付で支払いをする。今回は時間が取れなかったのでギャラリーを見ることはあきらめる。楽しそうな新作が廊下にいっぱい飾ってあったので写真を撮る。
クリニックをでた時間ではコーヒーの時間は取れそになかった。まだ明るかったので近くを散策。和菓子のお店は閉まっていた。近くのコンビニの前で高齢者?マンションを建設中。オーナーの名前を見て納得。老人の街だ。老人の国だ。そういえばクリニックへ行く途中も大きな敷地に一人の女性の施主の名前。どんどん生まれ変わって行くが。



2019年08月06日
1時間早めに家を出てラッシュの中梅田へ。早く到着してタリーズでコーヒー飲みながら。
C79437F4-3DA4-4465-BA60-C320CCCB4AB8.jpeg
やっぱり、左手だけでのキーボード操作は時間がかかる。正確性を要求される。日本語変換が助けてくれるが。早く慣れないと。


写真またゆっくりと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント